固定中の過ごし方

固定中の注意点と快適に過ごすためのポイントを紹介します。 

 ❶ 患部を高くあげる

 
骨折部の周辺は、炎症による腫れと、固定して動かせないためにむくみが生じます。

むくみ対策の基本は、患部を心臓よりも高くあげることです。

上肢の場合

台に乗せたり三角巾を着用し、位置をあげましょう。

下肢の場合

下肢は足の下に枕やクッションをあて、心臓よりも高い位置にあげましょう。

 

 ❷ 腫脹・むくみの防止(指を動かす)

包帯から出ている部分上肢(腕や手)・下肢(脚や足)の骨折では、固定した部分から先をできるだけあげ、痛みの強くならない範囲で指は動かしましょう(指先のみ限定で、患部を動かないように注意してください)

指を動かすとむくみが起こりにくくなります。

下肢の骨折では、日中もときどき横になり、脚をあげたり足趾を動かすとむくみが起こりにくくなります。 

 ❸ 就寝の仕方 

上肢の場合

三角巾を上肢に当てている場合は、寝る際に枕を腕の横に置くと安定します。 

下肢の場合

下肢は足の下に枕やクッションをあて、心臓よりも高い位置にあげます。 

 

ご質問などありましたらなんなりとご相談下さい。

 

page1image38126336.png